自動車補修用製品

トップページ > 自動車補修用製品

ホイールオイルシール

フロントホイールインナー

一般にスピンドルナックル側で、ベアリング内のグリース保護と外部からの泥水、ダスト等の浸入を防ぎ、シール型式はWリップを多く使用しています。

フロントホイールアウター

一般にハブ側のオイルシールで、用途はインナーシールと同じです。特にディスクブレーキでは外部からの泥水やダスト等が入りやすくなります。その為に、シール型式は特殊型式のものを使用しています。

リヤーホイールインナー

リヤーハブ内側に取りつけハブ内グリースの保護と外部からの泥水やダスト等の浸入を防止し、シール型式は一般的にWリップ型式を使用しています。

リヤーホイールアウター

リヤーデフホーシングの先端に取り付け、リヤーシャフトを伝わってくるデフ内のギヤーオイルの漏れを防止する方法と、リヤーハブ外側に取り付け、ホーシングを伝わって来るデフ内のギヤーオイルがハブ内に浸入するのを防止する方法があります。その為に、シール型式は特殊型式のものを使用しています。

 

エンジンオイルシール

カムシャフト

カムシャフトプーリー部に使用され、シリンダーヘッド内部の洩れを防止します。高温になるため耐熱用の材質を使用しています。

クランクシャフトフロント

クランクシャフトタイミングカバー側プーリー部に使用され、クランクケース内部の洩れを防止します。高温になるため耐熱用の材質を使用しています。

オイルポンプ

クランクシャフトタイミングカバー側のエンジン潤滑用オイルポンプの洩れを防止します。高温になるため耐熱用材質を使用しています。

クランクシャフトリヤー

クランクシャフトクラッチ側に使用され、クランクケース内部の洩れを防止します。高温になるため耐熱用材質を使用しています。

バランサシャフト

エンジンの振動を低減させるバランサシャフトのプーリー部に使用され、クランククケース内部の洩れを防止します。高温になるため耐熱用の材質を使用しています。

 

デフサイドオイルシール

前輪駆動をベースとした車両で、横置き型トランスミッションのトランスミッションケース・クラッチハウジング・トルグコンバーターケース・コンバーターハウジング・トランスアクスルケース・トランスアクスルハウジング等のデファレンシャルサイドの左右に使用しております。

◆弊社カタログでは、マニュアルトランスミッション及び、オートマチックトランスミッションのオイルシールを左側と右側に分類し、分かり易く掲載しております。

 

オイルシールキット

フロントホイールキット・リヤーホイールキット・フロント&リヤーホイールキット・リヤーデットアクスルキットの4種類があります。

オイルシールキットは、積載重量2t以上のトラックのフロントホイールオイルシール及びリヤーホイールオイルシールに、同時交換部品としてのガスケットパッキン、ロックワッシャー、ロックボルト、スプリットピン等を入れて、一つにパッケージしてあります。

 

タペットカバーパッキン

シリンダーヘッドのバルブカバー部のガスケットパッキンです。

タペットシーリングワッシャー・スパークプラグワッシャー・スパークプラグOリング等とセットにして取り揃えております。

 

カーエアコンOリング

カーエアコンガスR12用及びR134a用のOリングを、取り扱いやすい専用ケースにそれぞれセットにしており、幅広い車種に対応しています。

 

その他の製品

・トレーラー用オイルシール

・フォークリフト用オイルシール